PaSoRi(RC-S380)を分解して中のFeliCaリーダーモジュールだけを取り出してみる


ラズパイと繋げてSuicaを読み取る時に使ったFeliCaカードリーダー PaSoRi(RC-S380)をね、分解してみました。中のFeliCaリーダーモジュールだけ取り出せたらもっとコンパクトになってラズパイに組み込みやすくなったりするかもじゃん。

※当たり前ですがおすすめはしません。やるなら絶対に自己責任でお願いします。

 

必要なもの

  • PaSoRi RC-S380
  • ちょうどいいサイズのドライバー

 

分解します

まず裏返して滑り止めシールを取ります。

2016-03-14 12.20.25

 

ドライバーでネジを取ります。

2016-03-14 12.20.56

 

前後にズラしながらカバーを開けます。若干力使います。持った時の軽さで予想はついてたけど思った以上に中はスカスカです。

2016-03-14 12.22.24

 

モジュールを天板から剥がします。両面テープで張り付いていただけでした。

2016-03-14 12.23.19

 

中身です

こんな感じになっています。

2016-03-14 20.42.26

 

反対側

2016-03-14 20.42.48

 

もちろんこのままUSBでラズパイとつないで使えます。

2016-03-14 20.46.35

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください