Raspberry Pi 入門 1日目 – OSをインストールする


用意するもの

  • Raspberry Pi2 Model B
  • マイクロSDカード
  • SDカードアダプター(PC接続用)
  • マイクロUSBケーブル
  • LANケーブル

尚、筆者はMacを使用しています。Windowsの人には参考にならないかもしれません。

※設定は自己責任でお願いします。

OSのインストール

今回はRaspberry Piの開発元が公式でサポートしているRaspbian(ラズビアン)というOSをインストールします。

開発元からNOOBSというOSインストーラーも用意されているのですが、今回は使いません。NOOBSを使う場合は有線のキーボードとマウスが必要らしいので。そんなの持ってないので今回はNOOBSを使わずにRaspbianをインストールします。

 

Raspbianをダウンロードする

Raspbianのイメージファイルは下記URLからダウンロードできます。

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

スクリーンショット 2016-03-02 19.28.02

およそ1.3GBあるので結構時間が掛かります。ダウンロードが完了したらZIPファイルを解凍しておいて下さい。

 

SDカードにコピーする

Raspberry Piにはストレージが無いのでOSもSDカードを使用します。MacにSDカードを挿したら以下のコマンドでMac上のSDカードのマウント先を確認します。

$ diskutil list
/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *121.3 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:          Apple_CoreStorage                         121.0 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Boot OS X               134.2 MB   disk0s3
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk1
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk1s1
   2:          Apple_CoreStorage                         999.3 GB   disk1s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk1s3
/dev/disk2
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:                  Apple_HFS Macintosh HD           *1.1 TB     disk2
                                 Logical Volume on disk0s2, disk1s2
                                 F1AA4393-D567-4B20-A37D-E2F949D8A0E7
                                 Unencrypted Fusion Drive
/dev/disk3
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *8.0 GB     disk3
   1:                 DOS_FAT_32 RASPBERRYPI             8.0 GB     disk3s1

一番下の「/dev/disk3」が今回使用するSDカードです。分かりやすいように予めRASPBERRYPIという名前を付けておきました。

 

これをアンマウントします。

$ sudo diskutil unmountDisk /dev/disk3
Password:
Unmount of all volumes on disk3 was successful

 

次にddコマンドを使用してRaspbianをSDカードにコピーします。if が入力ファイルで of が出力ファイルです。デバイス名が “/dev/disk3” の場合は “/dev/” の後に “r” を付ける必要があるそうです。

$ sudo dd bs=1m if=~/Downloads/2016-02-26-raspbian-jessie.img of=/dev/rdisk3
3843+0 records in
3843+0 records out
4029677568 bytes transferred in 501.566614 secs (8034182 bytes/sec)

8分以上かかりました。参考サイトには140秒くらいって書いてあったのですが、SDカードのクラスの差ですかね?

 

ここまで終わったらMacからSDカードをエジェクトします。

$ diskutil eject /dev/disk3
Disk /dev/disk3 ejected

これでMacからSDカードを抜いてしまって大丈夫です。

 

ラズパイ本体の裏面にマイクロSDカードスロットがあるので向きに注意して挿入します。カチッと音がするまで押しましょう。

FullSizeRender

Raspbianのインストール自体はこれで完了です。続けてssh接続を試してみます。

 

ラズパイを起動してSSH接続してみる

これからラズパイを起動するのですが、その前に現状のネットワーク上にある機器のIPアドレスとMACアドレスを確認しておきます。下記コマンドを実行するとIPアドレスとMACアドレスの一覧が表示されます。

$ arp -a

 

ラズパイに電源スイッチはありません。マイクロUSBなどから電源が供給されると自動的に起動します。

LANケーブルとマイクロUSBケーブルを繋ぎます。こんな感じになります。写真右下にある緑色のランプの点滅が終わったら起動完了ってことだと思います。多分。

2016-03-03 14.01.22のコピー

 

改めてarpコマンドを実行しましょう。先ほどの結果から追加されているIPアドレス/MACアドレスがラズパイのものになります。私の環境では 10.0.1.10 が割り当てられました。

$ arp -a
? (10.0.1.1) at xx:xx:xx:xx:xx:xx on en1 ifscope [ethernet]
? (10.0.1.2) at xx:xx:xx:xx:xx:xx on en1 ifscope [ethernet]
? (10.0.1.6) at xx:xx:xx:xx:xx:xx on en1 ifscope [ethernet]
? (10.0.1.10) at xx:xx:xx:xx:xx:xx on en1 ifscope [ethernet]
? (10.0.1.20) at xx:xx:xx:xx:xx:xx on en1 ifscope [ethernet]
   :

 

試しにpingを打ってみました。大丈夫そうですね。

$ ping 10.0.1.10
PING 10.0.1.10 (10.0.1.10): 56 data bytes
64 bytes from 10.0.1.10: icmp_seq=0 ttl=64 time=5.989 ms
64 bytes from 10.0.1.10: icmp_seq=1 ttl=64 time=4.285 ms
64 bytes from 10.0.1.10: icmp_seq=2 ttl=64 time=3.033 ms
64 bytes from 10.0.1.10: icmp_seq=3 ttl=64 time=2.045 ms
64 bytes from 10.0.1.10: icmp_seq=4 ttl=64 time=3.992 ms
64 bytes from 10.0.1.10: icmp_seq=5 ttl=64 time=2.239 ms
64 bytes from 10.0.1.10: icmp_seq=6 ttl=64 time=3.912 ms
^C
--- 10.0.1.10 ping statistics ---
7 packets transmitted, 7 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 2.045/3.642/5.989/1.254 ms

 

SSH接続する

ここまででラズパイがネットワークに接続されていることが確認できましたので、ようやくSSH接続を試してみます。デフォルトのID/パスワードは pi / raspberry です。※10.0.1.10の部分は自分の環境のものに置き換えて下さい。

$ ssh -l pi 10.0.1.10
The authenticity of host '10.0.1.10 (10.0.1.10)' can't be established.
RSA key fingerprint is xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '10.0.1.10' (RSA) to the list of known hosts.
pi@10.0.1.10's password: 

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Fri Feb 26 02:20:57 2016
pi@raspberrypi:~ $ 

ログインできました!!次回は初期設定を色々とやってみようと思います!

続き:Raspberry Pi 入門 2日目 – 初期設定を行なう

 

参考記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください